うつ診断の自宅で簡単【家族や友人と上手く付き合う】

ウーマン

ストレスが影響しています

カウンセリング

治療には信頼性が重要です

インターネットが普及した高度な情報化社会では生活する上で必要な情報が簡単に手に入れられる便利な環境が整っています。しかし不特定多数の人とのコミュ二ケーションが簡単にできる社会では、人間関係が複雑化して気が付かない内にストレスが生じている場合があります。ストレスは生活習慣病をはじめとする様々な病気の原因になります。特に心に対する影響は深刻です。不眠や食欲不振、イライラ等の様々な症状を引き起こします。これ等の症状が一定期間続くとうつ病に繋がる可能性があります。人生の内でうつ病にかかる人の割合は15人に1人と言われ、その患者数は増加の一途を辿っています。うつ病は他の病気と同じ様に誰もが患う可能性のある病気の1つです。いつもと違う症状に気が付いたらできるだけ早く専門の医療機関を受診する事が必要です。一昔前までは、心の病を患う者にとって偏見を持つ人が多く、治療を受ける事に躊躇いを感じる人が大勢いた時代です。しかし今日では、街中でメンタルクリニックの看板を掲げる医療機関を見かける機会も多くなり、気軽に立ち寄る事ができます。心の病に関しては少し大げさと感じても診察を受けた方が無難です。病院でうつ病と診断された場合には、医師の治療方針や今後の生活の仕方等についてのアドバイスを受けます。そして家族が病気と診断されても慌てずに冷静な対応を心がける事が大切です。元気づけようと過剰に励ますのは厳禁です。十分な休息と癒しを得られる環境づくりを心がければ、短期間での社会復帰が可能です。うつ病の診断された人は薬物療法を受ける事になります。うつ病といっても数多くの種類があり、症状も様々です。一般的に大うつ病性障害と双極性障害に分けられます。更に細かく分類され、症状に応じて薬の種類や量を変えていきます。使用する抗うつ剤について副作用や依存性が問題になる場合があります。かつて広く利用されていた3環系や4環系の抗うつ剤は、吐き気や眠気、ふらつき等の強い副作用が生じる事から敬遠する人が多い薬です。しかしここ数年に第一選択薬として頻繁に利用されるSSRIやSNRI、NASSAは副作用が少ないのが特徴です。あまり副作用を気にする事なく利用し続ける事ができます。数多くの種類の精神疾患がありますが、他の病気と同様に医師の診断がその後の治療効果に大きく影響してきます。症状がどのタイプなのかを診断した上で適切な種類の薬を選びます。しかし心の病については専門家でも見極めが難しく、効果が得られないまま治療期間が長引いてしまうケースも少なくないです。信頼できる専門医を選ぶ基準として重要なのが話しやすさです。体調や心の変化をその都度的確に伝えられなければ、治療効果が低下します。薬物療法を開始すれば遅くとも2週間位で効果が表れ、早ければ3週間から1ヶ月程度で回復する事ができます。長い期間治療を受けても効果が感じられない人や症状が悪くなる人は治療施設を変えてみる事も必要です。そして治療の方法としてカウンセリングや各種心理療法が選ばれる場合もあります。臨床心理士によるカウンセリングは病気のきっかけとなる原因を探る手段として有効です。相性の良い専門医や臨床心理士が在籍する医療機関を利用すれば、短期間で完治させる事が期待できます。